toggle
スポーツによる痛み・早期回復・パフォーマンスアップはスポーツコンディショニング ベスタ|理学療法士による整体サロン
2018-05-10

ピラティスの最も大切なところ

Pocket

ピラティスって何?とよく聞かれます。

ネットで調べると

「身体と精神を結合して同時にコントロールすることにより、それぞれ別々に行なったときよりも効果的に精神と肉体を強化することのできる革新的な方法・スキル」

「戦時中に発展した解剖学を元にした、インナーマッスルトレーニング」

「体幹を安定させること。インナーマッスルの強化が重視されているのです。身体への負担をかけることなく、インナーマッスルを鍛えることにより、姿勢の改善へと繋がり、身体のパフォーマンスを向上させたり、ケガの予防に大きな効果が期待できるようになります。」

「身体のストレッチ、筋力強化、そしてバランス強化を目的としてデザインされたエクササイズと身体の動作法である」

などピラティスさんが作った体幹トレーニングで、身体のインナーマッスルが鍛えられ、パフォーマンス向上、姿勢が良くなったり、ダイエット、ケガの予防ができるというようなところが注目されています。

しかし、ピラティスさんが最も広めたかった概念は「コントロロジー」という概念です。

コントロロジーは、身体を自身の意思で制御するという意味です。

深い言葉です。

立ち座りが出来る、歩ける、ジャンプできる、走れるというようなものではなくもっと細かな動きの事です。

例えば、背中を曲げたときの背骨の曲がり具合や、左右に体をひねった時の背骨の関節の動きなど、本来は動かす能力があるけども、生活習慣などによって動きにくくなっているところに気づいて意識して動かせるようになることです。

細かく全身の状態を知り、動かせるようになることで、効率の良い動きが出来て健康的な身体となるという考えです。

スポーツにおいても非常に大切なことで、全身の状態を知ることで、自分にはどのようなケガが起こりやすいのか?

フォームが悪い原因は身体のこの部分の動きが悪かったからなのか?

自分はここの部分の筋力が弱かったのか。

など様々なヒントが見えてきます。その結果弱点を克服したり、パフォーマンスが向上するきっかけにもなったりします。

是非一度、自分の身体と細かく向き合ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

sc-besta

パフォーマンスアップセラピスト 鮫島です。
スポーツや日常生活において、慢性的な体の不調や痛みには筋膜調整が必要です。筋膜調整とピラティスを組み合わせたトレーニングで、理想的な体の状態を作っていきます。

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA