toggle
スポーツによる痛み・早期回復・パフォーマンスアップはスポーツコンディショニング ベスタ|理学療法士による整体サロン
2018-07-10

電気の流れが良くなると動きが良くなる

Pocket

こんにちは!

今日は、微弱電流治療器エレサスの意外な使用方法を紹介します!

本来この治療器の目的は、「痛みの軽減」「回復を早める」ですが、

今回紹介するのは、「動きを良くする」目的で使用しています。

下の動画は、通電前後の反復横跳びのです(before左 after右)

方法は、電流の通りを確認しながら身体の中心を通るように1~2分通電します。

これで、無意識的に体の中心を安定させる働きがあり、脚が軽く感じたり、動きやすくなったりします。

動きやすさの持続時間は、個人差がありますが、翌日まで持続しているケースも多くあります。

多い感想は、翌日の練習や試合で、「えらい体が良く動く」というのが多いです。

動かしやすさの違いは、すぐ慣れてしまうので時間がたつとすぐ分からなくなりますが、自然と身体が動きやすく感じているのは、通電効果が持続しているのだと思います。

割とハードに練習している人のほうが、違いを感じやすいようです!

最近は、試合前に調整したいという方が増えておりこの方法を良く使うようになりました。

一度受けてみたいと思われる方は、ご予約お待ちしています。
TEL:090-3860-4638
初めての方は、しっかりとパフォーマンスを出せるようにするため、試合前日ではなく、3日~1週間程度前に通電し、試合前日に再度通電することをお勧めします。
sc-besta

パフォーマンスアップセラピスト 鮫島です。
スポーツや日常生活において、慢性的な体の不調や痛みには筋膜調整が必要です。筋膜調整とピラティスを組み合わせたトレーニングで、理想的な体の状態を作っていきます。

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA