toggle
神戸市垂水区・西区・須磨区で整体・筋膜リリース・水素吸入はスポーツコンディショニング ベスタ|理学療法士による整体サロン
2017-07-04

スポーツ以外の症例紹介

Pocket

今回紹介する症例は、飲み込みずらさ、のどの前の違和感で悩まれていた症例です。
その症状は10年ほど前の頸椎前方固定術後から出現したとの事でした。

身体を調べてみると、術創部(傷跡)から深部にかけて軟部組織の癒着があり、飲み込み動作を行うとその癒着が邪魔をして違和感を与えていました。その他は、全体的に体が前に丸くなるような姿勢をとっています。

グラストンテクニックにて、癒着をとると飲み込みずらさ、のどの違和感は軽減しました。それでもまだ少し症状が残っているようです。

そこで、全体的に丸くなっている姿勢を解消する為に、主に首、胸部、腹部、股関節に対して施術を行い、丸くなる姿勢をとる要素を取り除くと症状は無くなりました。

手術後の症状ではありますが、手術後長い年月が経っており、生活習慣からくる姿勢からの症状でもありました。

ベスタでは、症状部位だけでなく、全身を診て症状を改善していきます。

スポーツ障害だけではなく手術後の動きずらさに対しても、施術いたします。

膝や股関節、腰など手術後に動きずらさ、不便さを感じておられる方も多くいると思います。

そんな時は、一度ご相談ください。

少しでもお役に立てることがあるかもしれません。

では皆さま良い一日をお過ごしください

sc-besta
パフォーマンスアップセラピスト 鮫島です。
スポーツや日常生活において、慢性的な体の不調や痛みには筋膜調整が必要です。筋膜調整とピラティスを組み合わせたトレーニングで、理想的な体の状態を作っていきます。
Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA